Thursday, November 15, 2018

Theta Vのファームウェアアップデート() と 母艦アプリ


Ws000004
RICOH THETA V ファームウェア をアップデートしようとしたんですよ。ファームの最新バージョンは『バージョン 2.50.1』。

そしたら、母艦アプリ(Win版)でファームウェアをダウンロードする過程で 96,8% とかあとちょっとのところでダウンロードが失敗してやり直しになるんですよ。その後何度やっても 97,4%、99.7%、99.8% など、超惜しいところで止まる。。。

Web検索でもピンポイントで解決につながる情報は無かったんだけど、母艦アプリ側の更新履歴を見てみると、直近「バグ修正」という名目でアップデートがあるのを発見。

2018年11月08日 バージョン 3.7.3
https://support.theta360.com/ja/download/pcmac/

このアップデートを適用したら、難なくファームのアップデートは完了しました。

Ws000003

が、ウィルスソフトが反応してるんだよね。


隔離はされてるので、詳細調べねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, November 08, 2018

チクタクスツールの修理

Pfstnc01b_5

この記事を書くにあたり、購入履歴を探してどこのサイトで買ったんだろうか?と調べてみるも良く分からなかったのだが、おそらくは小学館のPALSHOPで買ったような記憶があるので、そうなんだろう。

とブツはペレグリンファニチャー(Peregrine Furniture)のチクタク スツールである。現行モデルはオイラが観測する限り三代目で背もたれまでついているが、今回のブツは初代のほぼ試作機と言っても良い「アルファ」というモデルである、というのも二代目からは座面を固定・調整する機構が見直され、初代での細引き断裂による崩壊を克服しているからである。(このあたりの機構詳細については今回省略)


Mplywood_19905002a_2Mimage

二代目では座面の高さを調整する機構が平行する2本のベルトに変更されている。三代目の背もたれ(うらやましい)

さて、本題の修理であるが、修理箇所は脚がクロスする部分にあるボルト一式の脱落である[写真1の赤矢印]。これに気付かずしばらく使っていたのだが、どこかのキャンプ場で落としてきたらしい。ナット側だけならまだしもボルト側も残存して無いことを鑑みれば、片方脱落しても座り心地に影響がないという点では評価すべきことかもしれない。

今回部品を選定するにあたり、念のためペレグリンファニチャー(以下PF社)のWebサイトにある問い合わせ窓口から部品の詳細、あるいは補修部品の頒布の可能性について打診してみた。

「反応がない。ただのCGIフォームのようだ。」 であった。


ここではアフターサービスの批判よりも、どうやって直すか?を主題に置くので深堀はしないが、しょせんそういうメーカーであることはここに明記する。

しょうがない…。幸いにも片方の部品一式は残存しているので、その形状やノギスでの計測をもとに「MonotaRO(モノタロウ)」でパーツを検索。。。すぐに当該部品は見つかるのだが、問題はそのQTY(個数)である。各パーツ1つだけあればいいものが最低受注単位が1000個だったりすることが多い。この最初に見つかった部品と同等のスペックで個数や価格が手ごろなものを探すのがちょっとした手間。ネジの規格などはJISで定義されているものだけもいいから絞り込めればいいのに。。。(電子部品なら大抵そうなってる)

結果、こんな感じに

44663976_1765524696909644_420279457

巴工業:ナイロンナット 2種(ステンレス)(パック品)
大阪魂:丸ワッシャー ISO(ステンレス)
大阪魂:ローゼットワッシャー(ナイロン)(パック品)
エスコ:M5 x40mm 皿頭小ねじ(ステンレス製/4本)

ナイロンナットはもう少し背の高いものを選ぶべき。また、丸ワッシャーは外径を間違えた。が、いずれも何とかなるレベル。ローゼットワッシャーは個数と単価の問題でナイロン製にしてみたが、ちょっと外側にはみ出る程度で機能や見た目を大幅に損なうことはなさそうである。

品番を見ればわかるが基本M5サイズのボルトとナットで構成されるので、お手元に在庫がある方はチェックされたし。

Ws000432

総額1,127円。一組のボルトナットにこれだけの金額が掛かったのだが、死蔵されるよりも使われる方が良いに決まってる。(ナット・ワッシャー・ローゼットワッシャーは余りがあるので、これでよければ必要な方はお声がけを)

42768988_327665961392939_3718292335

出来上がりはこんな。インスタでも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, November 05, 2018

ジオテックドーム (Geodome4)

言わずもがなバックミンスター・フラー博士の提唱するジオテックドームの構造を踏襲する、The North Face のジオドーム4。2018の始めに発売開始され、流通の色々を見ているとそろそろ在庫が切れそう&底値を打ちそう感が漂ってきております。

「神奈川トヨタ ぎがうぇぶ」で価格:165,240 円 (税込)


常々、面白いなぁ、と思っても買わないよねぇというステータスを維持し続けてきた本品ですが、いまやほしい物ベストテン第一位に躍り出ているここ数日。。。。

室内高のアドヴァンテージと設営の手間がトレードオフになることは必至ですが、一度立ててしまったその姿を鑑賞するだけでも価値はあり、設営の手間も2泊以上暮らせれば問題なさそう。またティピータイプのようにセンターポールがない分居住性は問題ないはずの一方、如何せんその円形底面をうまく生かす室内レイアウトには一層気を使う必要がありそう。

また、冬場のストーブ利用も天頂近くのベンチレーターの存在が安心感を誘う一方で、結露の度合が気になります。もしヒルバーグ(Nalo/Nammatj系)レベルの室内大雨だと大変です。先人たちのレビューではまだ見かけたことないからひどくないのかしら…。


11/11までならYahoo方面がかなりお得なはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, October 25, 2018

Raspi モバイル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HDMI 変換コネクタ シリーズ HDMI(メス)-ミニHDMI(オス)qq
価格:230円(税込、送料無料) (2018/10/25時点)

楽天で購入

スキマ時間を使い色々な場所でRaspiいじりしていると、いろいろな接続用ケーブルが「1つだけ足りない!」ってシチュエーションが想像以上に発生します。

が、解決方法は一つ。

全ての作業場所にすべてのケーブルを用意しておけ。


ということでminiHDMI変換コネクタを追加することになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, March 22, 2018

いいかげん買うぞ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 11, 2018

Raspberry Pi Zero やっと買えたんです

Raspberry Pi Zero、いわずもがな超お安いので大人気ですよね。

スイッチサイエンスさんとこで定期的に抽選販売をやってて何度か申し込んでいたのですが、これが当たらない、というか(特に抽選結果のお知らせが来ず、結果ページを見に行かねばならないので)抽選結果を見逃しているのかもしれなかったのですが、今回ちゃんと結果発表日をGカレンダーに入力して、待ち構えておりましたところちゃんと当選しておりました。

それも"W" と「無印」モデル両方が!

ということで、一気にmicroSDカード不足の大波がやってきてしまいました。おりしもAndroid端末とWalkmanに刺さっている64GBのメモリが両方とも残量が10%ほどになっていて、さっさと買わなければならなかったので、これらの玉突きで出てくる64GBを流用したり、容量が小さくて余らしている人を探したり、ってなことも並行で進める必要がありそうですが。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, December 13, 2017

ファイアスターターは止められない

先日のキャンプで今更ながら感心したこと(and/or)道具が2つあって、それはナイフとファイアスターター。

ナイフなんて手持ちのやつでいいし、火おこしもライターからでいいや、と思ってたんですが、どっちも道具を変えるとまた違った楽しみがあるのねー、と。

これら総じて「ブッシュクラフト」系と纏めちゃってもいいみたいだけど、食べてばっかりとかひたすら木立や空を眺めたり、川のせせらぎや鳥のさえずりを聴きながらぼーっとするのも楽しいキャンプ、薪や小枝をナイフで削ってたりするのも、なにかを解放する儀式として、このブッシュクラフトとはとても良いものだ。(口調変化)


フェザースティックひとつとっても刃物の使い方とメンテナンスの知識が必要になってくるし、もちろんこれは火起しの素材になるわけだから、その段階で、風の吹き方や湿気・温度、樹の種類などいろんな知識に繋がっていく。さらに円空上人のマネをして掘る仏像に至ってはまた違うレベルの精神集中があったりで、どれもこれもアウトドアで行う意味合いとしては非常に強く濃いものになる。菜ばしやスプーンを掘ってサバイバル感や純粋なクラフト欲を満たすのも良い。


このナイフ、届いてすぐにまともに使える「刃」の状態だったり、峰を叩いてもびくともしない頑丈なものらしく、鉈的に使えて便利とおすすめされたので、早速購入してみる。

って、いろいろ理屈並べてるけど買うんですよ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 11, 2017

キャンプテーブル 兼 ウォータージャグ+スタンド




ペレグリン ファニチャー(Peregrine Furniture) クレーンテーブル(Crane Table)

ナチュラムのセール、すでに2か月位続いていて、既にペレグリン・ファニチャーのドンキーテーブルをうれしい価格で手に入れているんですが、「ワゴン」コーナーで売れ残ってるテーブルがあり、ずっと気になってます。これ、天板がペレグリン・ファニチャーで脚がSOTOのバーナースタンドなんですよ。




SOTO システムスタンドST-601

脚の単体商品はこれなんですが、これの何が良いかって、脚の収束部分にウォータージャグを載せられ、その上に載せたツーバーナーなどとキッチンの一角をスマートに構成できる点なんです。


こんな感じなので、

・テーブルの高さ65cmが許せるか?
  →いっそ食卓ではなく、ワイヤーバスケットなどを置いてカトラリー置き場に

・テーブル下が水浸しにならないように工夫が必要

・テーブルはジャグの重みで安定するはず

・ジャグの色が他のものと調和するか?


この辺りで納得感あればおすすめの構成だとおもうんですよ。どう?




| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, December 08, 2017

Tent-Mark(テンマク) Panda TC 初張り!

せっかく発売直後に着荷し、すぐに出撃→初張りできたのに記事にするまで大分時間が経っておりますが、Tent-Mark(テンマク) Design の Panda TC について所感をば。

もともと初代 赤Pandaユーザであるおいらは、幸いなことに身長も高くなく、安く軽く高機能なこのモデルにほぼ満足しておりました。ただ唯一、少し厚みのあるマットやコットを入れる際には、あとほんのちょっとサイズが足りないなぁ、と思っておりまして、結局使用回数を減らさざるを得ないという(というか別のテントを選ぶポジティブな理由でもあるんだけど…)所に行きつくんですよね。


[下図] 在りし日の赤PANDA


さて、PANDA TCのスペック上の違いは「素材とサイズ」(雑) ということなんですが、ペグのループやインナーテントとの接続位置が異なっていることは着荷後に分かりました。まずペグのループについては、赤PANDAでの水色の薄い素材でバックル部分で裏返り易かったものが改善されています。色も明るい色でなくなったので、土がついてもあまり気になりません(が、収納時はカビのもとになる可能性が高いため、ちゃんときれいにしなければ)。

次にインナーテントとの接続部分は三角錐のアウター側の辺の真ん中にあった接続部が省略され、少し弛みやすくなっています。逆に考えれば設営は簡単になったわけですが…。(写真真ん中の黒い紐はアウターを観音開きにした時にそれをまとめるためのループです。)

Ws000495

また、アウターの底面四辺にある接続部も省略(というか位置変更?)されており、先代を設営したことのある人だと、一瞬「あれれ???」となると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, December 15, 2016

小旅向け! ACアダプタ一体型のモバイルバッテリー

 旅に出るときの荷物で、カメラ一式に並んでザック内重量を占めているのが電源関連。着替えやらサニタリー系はホントに最低限。スマホ2台にときたまタブレット1台、スマートウォッチにウォークマン、フィルムが多いけどデジタルだったらカメラだってUSB充電だしね。

 その電源系の標準装備はAnkerの6(か4)Port+Apple純正5Wに12000mAh前後のバッテリーというのがここ2年位の常で、現地での行動用に6000mAhクラスがオプションで付くこともある。

 連泊の時はAnkerは宿に置き、昨日カラになったバッテリーを充電して外出。2つ目のバッテリーとApple5Wを持ち歩く。12000クラスのバッテリーは新幹線が700系だったり、朝から夜遅くまで出歩く時、もっと短く夕方に一旦宿に戻る時は6000mAh前後のパナモバブが軽くて良い。

 丸々一日遊んでへとへとで宿に戻った後、これだけの機器を「順番に」充電するのは結構大変で、容量の小さな機器から始めて、それらの充電が終わったところでバッテリーなどの大物に取り掛かる。寝てる間には繋ぎ直せないからね。

で、良いもの見つけた「追っかけ充電」が出来て、ACアダプタ込み。

700-BTL028Wの販売商品 | 通販ならサンワダイレクト

ACアダプタ込ということはUSBケーブルが一本減らせる、追っかけなので繋ぎ直さなくてもよい。1泊程度だったらこれとケーブル2本でおk。

追っかけ充電的な機能を持ったものにはSonyのCP-F2LSAVPやらCP-F10LAがあるがデカくて重いので電車旅には不向き。車旅なら。。。

ちょっと心配なのはコンセント付近の形状。ただでさえプラグの少ないビジネスホテルなんかだと隣のプラグ塞いじゃう可能性もあるので、PCも持ち歩く人なんかはACケーブル分離型の方が安全かもね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«サッシを閉めたい