« Edifier Simply Monitor R1000TCN | Main | 2年半ぶりのPC買い替え »

Wednesday, January 30, 2013

ベランダ発電

オヒサシブリデス。

元々ガジェットなどモノ系の話題を取り上げてきたこのスペースでしたが、だいぶ長い間放置してありました。はてな方面では買い物のためにさまざまなブツのAFリンクを張るだけの記事をUPしていましたが、こちらでは、ここ数か月はまっているベランダ太陽光発電についてシステム構成やなにやらのメモを取っていこうと思います。

もともとはフジロックなど野外フェスでの電源確保で痛い目にあった経験から、Powerfilm社の折り畳みパネルとEnergizerのXP18000の組み合わせでモバイル発電キットとして運用し始めたのが発端でした。

この構成はバッテリー側で逆流防止(というか充電回路を持っていて)チャージコントローラが不要なため、特別な知識なしに運用できるのですが、60W級のパネルとの組み合わせでは蓄電できる量がもったいないくらいに少なく、また、PowerFilmをベランダに常設するのも耐久性としてはまったくよろしくないという点からシステムを変更していったという経緯があります。

まずは現状のシステム構成を簡単に説明していきます。

パネル

 ・中華パネル50W (ヤフオクで落札、ものすごくリーズナブルなパネルです)
 ・同 100W

チャージコントローラ
 ・Phocos CM04 (PWM方式、入力4A)
 ・Tracer-2210RN (MPPT方式、20A)

バッテリー
 ・LONG WP12-12 (12V12Ah)
 ・GSユアサ SMF31MS-850 (12V 115Ah)

ってな感じ。チャージコントローラは

 CM04 → 12Ah 充電用
 Tracer → 115Ah 充電用

と割り切って使っています。


instagram


ケーブルなど工夫すれば、パネルを並列した150Wと100W+50Wで別々のバッテリーに充電したりできるのですが、ベランダからのケーブル取り込みの課題があり、現時点ではスイッチの実装まで完了した段階で放置しています。

この後、実際の組み合わせやコスト、負荷についてまとめていく予定です。

|

« Edifier Simply Monitor R1000TCN | Main | 2年半ぶりのPC買い替え »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベランダ発電:

« Edifier Simply Monitor R1000TCN | Main | 2年半ぶりのPC買い替え »