« April 2013 | Main | June 2013 »

Friday, May 24, 2013

真夏の昼間の負荷に最適

昨日のエントリーで昼間の負荷について「蓄電」という話題を取り上げましたが、うちの部屋、真夏は開けられる窓だけでは帰宅時に灼熱地獄になっていることが多く、これを解決するためにサーキュレーターをまわすことを思い付いちゃいました。

このモデルは単一乾電池8本、という非経済なブツなのですが、1.5Vx8本=12V というベランダ発電向けにはLuckyな仕様なので、ヒューズ噛ませるなどの簡単な工作だけで済みます。

ちなみに同じラインナップで2電源モデルも出ています。

こちらには12Vのアダプタが付属していますが、自作電源ケーブルを作成するときは、プラグはロングタイプを利用した方が良いです。通常の長さでは抜けやすいです。
マル信無線電機 MP-137H DCプラグφ2.5(ロング8角) (せんごくネット通販)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, May 23, 2013

孫蓄電先

バッテリー容量とパネル性能のバランスは比較的長期のスパンで考えるため、天候や前日までのバッテリー容量の変動により、一日単位では余剰電力が生じるケースが出てきます。この場合、在宅していれば余剰分を昼間の補助照明に使ったりできるのですが、不在であればそもそも照明など不要だし、適当な負荷があったとしても細かいコントロールはできません。

そこで、蓄電された、あるいはあふれた電力をニッケル水素電池やリチウムのモバイルバッテリーなどに注いだりするわけですが、現時点では

 ・19Vまで昇圧してEnergizer XP18000 (x2つ) に充電
 ・シガーソケットUSBアダプタ経由でエネループ・モバブに充電
 ・12V入力ができる充電器でニッケル水素電池に充電

ということで対応しています。前者2つについては何の問題もないのですが、最後の充電器については充電中かなりの電流が流れる(ヒューズを何個か飛ばした)のと、冷却用ファンがかなりうるさいため、放置したまま不在とするのはかなり不安です。そこで別の手段を考えていたのですが、最近ではこのようなUSB 5Vから充電でき、さらにその充電した電池を元にUSBモバイルバッテリーとして動作する商品が発売されていることに気づき、試してみようと思っています。

B00B5L6FJ8日本トラストテクノロジー MyCharger USB Pro MCUSBPRO
日本トラストテクノロジー 2013-02-01

by G-Tools

実はこの商品をセレクトするにあたり、類似商品をベンチマークしているのですがその詳細は別途。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, May 17, 2013

ソーラーケーブル

現在の規模だと150W@12Vなのでそれほど気を使っていないパネルからのケーブル。効率や安全性を考えれば、そこそこの投資で実現できるので、ケチる必要は無いのだけどついつい後回しになってしまう。(50W一枚の時はケチって0.5sqのケーブルで運用してた時期もあったっけか。冬場だったので問題なかったけど。。。)


現在は

これを半分に切断してバッテリーに入力しているが、途中窓サッシを越える箇所で途端に細いケーブルが、これを繋いでいるので並列化したいところ。

また、50Wと100Wパネルの並列化は、パネルから直接出るコネクタにこれ

を噛ませて部屋まで取り込んでいるため、150W区間を100+50Wに複線化した上、部屋内で150Wと100+50Wの切り替えができるようにスイッチまで作ったのだけど、やっぱり窓越えをきちんと考えないとサッシが閉まらない。。。

通気口をいじるのは面倒なんだよねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »