« June 2013 | Main | December 2013 »

Tuesday, July 09, 2013

バッテリーを充電でいためる

炒めたわけではありません。痛めてしまったようです。

というのも、ベランダ発電を始めたときから使用している初代のディープサイクルバッテリー(完全密封型鉛蓄電池(12V12Ah)WP12-12/秋月電子)が虫の息な状態でしてね。

このバッテリー普段はパネルから切り離し、たまーにテスト用に使うような運用をしており、放電するたびに10Aの定電流を吐き出すチャージャーで充電していたのです。。。

 12Ahのバッテリーを10Aなんて電流でチャージしたら、いろいろボロボロになるでしょうよ

っていうのを先ほど気付きまして、パルス充電やらリカバリーモードがある充電器を見繕っているのです。しっかし、ACデルコのAD-002などの候補どれを取っても、充電したいバッテリーの値段の数倍もするようなものばかりで現実味がありません。

そんななか唯一の候補として挙げられるのがコレ

お値段はかろうじて許せる範囲ですし、「スノーモード」とやらで14.9Vでの充電ができるそうです。また、その効果はわかりませんがパルス充電にも対応してるじゃないですか。

ここはひとまず人柱ですかね。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, July 08, 2013

カジュアルにモバイルソーラー

B00D5O8GPEパワーフィルム PowerFilm スマートフォン対応モバイルバッテリー「USB Mini Rollup」【パワーフィルム正規代理店ジオフォニー扱い】
パワーフィルム

by G-Tools

本編では大型のソーラーパネルを起点にした話題を取り扱っていますが、ちょっとした陽を浴びる外出時にはちょこっと発電したくなるのが発電野郎の性。しっかし適当なサイズがなかなか見当たらないんですよ。以下手持ちの2つのパネルでは

 ・GOAL ZERO Nomad7:ちょっとサイズ大きすぎ。発電効率があまり良くないような気がする

 ・Powerfilm AA Charger:発電効率は良いが別に単三充電池式電源が必要

といったように、一番手軽なところがポッカリと空いている感じなのです。

して、上記のPowerfilm USB Mini Rollupが気になるわけです。どうやらこれはPowerFilmが積極的に作ったラインナップではなく、OEMで作ったものを名貸しで売っているが、本国のアメリカでも販売権は既になく、このブランドと製品が紐づいているのも日本だけとかなんとか…。

仕様面の詳細はこちらが非常に参考になるので割愛しますが、ざっと見るに

 ・ザックなどにつけておくためのグロメットはなさそう。
 ・リチウム電池が本体に仕込まれているので、長時間直射日光には当てたくない
 ・IN/OUTで使うUSBケーブルはL字型がよさそう

という印象。この週末に Cheero Power Plus2 と Energizer XP8000が届いてしまったので、また選択肢が増えてしまった。。。

さて、どうするか。。。


B005HG8UMMGOAL ZERO ポータブルソーラー発電機 NOMAD 7 スマートフォンも太陽光でソーラー充電 GZ-12301
GOAL ZERO 2011-08-16

by G-Tools

B001RMF7P8パワーフィルム AAソーラーチャージャー AAL-BL
パワーフィルム

by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, July 04, 2013

Energizer XP8000 特価で送料無料

【新品】 Energizer ノートパソコン対応外付けバッテリー「XP8000」 【送料無料】

RewindPC にて 価格 : 5,980円(税込) という超特価です。おまけに送料無料。価格コムでもぶっちぎりの安さ。

XP8000には型番に"A"の付いたXP8000Aという新型が発売されており、こちらはUSB出力が2.1A対応となっています。

B009B1ITYI日本トラストテクノロジー 外付バッテリー Energizer XP8000A XP8000A
日本トラストテクノロジー 2012-10-05

by G-Tools

2.1A出力が必要と云われる機器の中には、実際は1Aでも充電は可能で充電スピードが遅いだけ、というものもあり急速充電を求める必要がなければ1Aで十分なケースが多いのではないでしょうか。


さて、Energizer XPシリーズの何が良いかというとPowerFilm社のパネルと相性なのです。コネクタさえ注意すれば、チャージコントローラなしに19Vでの直結充電が可能なため、荷物を減らしつつ効率の良い太陽光充電ができます。

おまけに出力側は

 ・19V
 ・10.5V
 ・USB(5V/1A)

と本体だけでもこれだけ対応できます。12Vへの降圧用ケーブルなど組み合わせれば大抵の電子機器への給電ができるはずです。現在、Energizer銘のXP18000とXpal銘のXP18000Aを所有していますが、短期の外出にはなにぶん重いのでコンパクトなキットにしたいな思いXP8000が安くなるのを待っていました。

PowerfilmのR-7あたりと組み合わせようかと。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, July 01, 2013

充電式単三電池の行方

ずいぶん前、「超」の付く円高のさなかにPowerFilmのAA Solar Chargerをebayで購入し10個ほど輸入しました。友人たちに分けたりしていま手元に残った2つ(うち1つは一部故障)を運用しているのですが、ここで充電する電池の使い道には

 -Bluetoothスピーカ
 -カメラ防湿用の乾燥機
 -電動歯ブラシ
 -掛け時計
 -小容量機器への充電

などなどあります。しかし、上記はどれも不定期に交換時期がやってくるため、チャージャーが仕事をしない日がでてきてしまい、この夏場の日差しがMOTTAINAI。そこで充電式乾電池の永続的な使い道としてはUSB電源はかなり有望だと目星をつけてコレを導入しました。

B00AM9QAX0TOSHIBA USBモバイル対応充電器セット 単3形4本使用タイプ (ホワイト) TNHC-34AS MB(W)
東芝 2012-12-18

by G-Tools

USB電源として1A(5V)の出力があればよほどの大容量デバイス以外は充電できるため、いろいろな使い道が考えられます。そういった商品は大陸製を中心に安価でたくさんの種類がでていますが、この商品は国内メーカーの安心感とエネループ系の保存性のよいニッケル水素電池(単三)が4本もついて、この価格帯はかなりお得感があります。

Mmr0016066Mmr0016067


USB電源としての利用時にはUSBコネクタ周りの青いインジケーター(というよりイルミネーション)が光り、充電時には本体上部のインジケータが充電状況に応じて赤から緑に変化していきます。電源利用と充電は本体の一面がスイッチになっており手動で操作しなければならないため、cheero power plus 2などのように充電しながらの放電は構造上無理になっています。

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリーマルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

by G-Tools


また、新しい電池であればそれなりに充電は進んでいきますが、かなりくたびれた古い電池だとのっけから充電不能のサインが出てきます。電極に負担をかけてまで搾り取る系の出力回路ではないので、安心であり不便でもあるところです。また、総容量からすれば、実効的な容量もeneloop moblie boosterなどよりも少ないように感じますが、セルがバラバラになった汎用品と考えればそれほどガッカリ感はさしてありません。

Mmr0016065

充電用のUSB端子は"micro"なのですが、付属品のケーブルは端子部分がちょっと長めにできているようで、付属品以外のケーブルを差した時に反応しないことがあったので、この点はちょっと注意かもしれません。

いずれにせよ充電する電池がないソーラーチャージャーを遊ばせておくという不満を補う商品であることは間違いないのです。

競合する商品としては下記の富士通製のものがあり、Amazonではこちらのほうが安価ですねが、付属する電池の容量が1900mAhと、上記の東芝製2400mAhに比べて劣ります。本体の出力特性なども違うのでしょう(Loggerが欲しい…)。


富士通 USBモバイル急速充電器(1A高出力タイプ) 「単3形ニッケル水素電池4個付き」 FSC342FX-W(FX)富士通 USBモバイル急速充電器(1A高出力タイプ) 「単3形ニッケル水素電池4個付き」 FSC342FX-W(FX)

by G-Tools


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | December 2013 »